金沢駅にぎわい.com
もてなしドーム
金沢もてなし隊について


金沢駅もてなしドーム企画運営センターからのお知らせ

北陸新幹線の新型車両報道陣に公開

 

2014年度末に金沢―長野間で開業する北陸新幹線の新型車両(E7系、12両)が完成し、

JR東日本とJR西日本は11月28日、宮城県利府町の新幹線総合車両センターで報道陣向けに公開した。

 

車両を初めてJR東と西が車両を共同開発。ビジネスより快適さを重視し観光利用に視点を定めた内装。


コンセプトは日本の伝統と最新技術を融合させた「『和』の未来」で、

特に最上位の「グランクラス」(18席)のデッキには、日本の春夏秋冬を描いた「飾り柱」を設置し目的地北陸へのイメージを取り入れている。

 

外観はシンプルな流線形で落ち着きのあるアイボリーホワイトをベースに上部が青色、縁や側面中央には銅色のライン。

 

新型車両は来春にも東京―長野間に導入する予定。2014年度末までに計27編成を完成予定。

ページトップへ

生まれ変わった金沢駅は、出発地でなく目的地です。- 金沢駅にぎわい.com -